本当に必要ですか?幼児教育のメリット・デメリット

知っておきたい幼児教育のメリットとデメリット

幼児教育のメリットについて

教育に対して熱心な家庭であれば、一度は考える「幼児教育」。
なるべく子どもに良い教育を受けさせてあげたいと思うのが親心ですよね。
幼児教育とはその名の通り、ある能力の開発・向上などを目的に,幼児期の子どもに対して働きかける教育的営みを指します。
この「幼児」ですが、狭義では満1歳から小学校就学前までを指し、広義では0歳児を含みます。
なお、1歳未満の子どもは「乳児」とも表現されます。
つまり、概して小学校就学前の子どもに対する教育が幼児教育であるといえます。
また幼児教育の意味する範囲としては、日常生活に必要なトレーニング(例えば排泄トレーニングや歩行練習など)だけでなく、所謂習い事なども含んだ幅広いイメージを持つ言葉です。
そのため、幼児教育は塾などの特別な施設だけでなく、家庭でも行うことができるということになります。
このように幅広い意味を持つ幼児教育という言葉ですが、科学の発展とともに人間の身体構造や精神状態がどういったものであるか徐々に把握されつつあることから、幼児期の人間がどのような状態であり、どういった働きかけが健全な発達成長に結びつくのかということが明かされつつあります。
そういった意味で、幼児教育への注目は年々高まっており、子育てをする上では無視できないものになっています。
ですので、子育てをする立場になってから考えるのではなく、幼児教育とはどのようなものなのか、どのような幼児教育を子どもに受けさせたいのか、普段から考え、自分なりの答えを持つようにしておきましょう。

そもそも幼児教育とは?

幼児教育にはどのようなメリットがあるのでしょうか? 幼児教育のメリットとしては、人間の身体の発育発達状況を考慮したときに、最も効果的な内容が組まれているという点です。 つまり、身体の発育発達上、幼児期に働きかけることが良いと思われる部分に焦点をあてているということです。 具体的にどんな部分なのでしょうか?

幼児教育のデメリットについて

幼児教育のメリットが、世の中で数多く語られていますが、幼児教育にはデメリットもあります。 それは幼児教育そのもののデメリットというよりも、幼児期の教育のあり方という視点で見たときに考えられるものです。 具体的にどのようなデメリットが考えられるのか、まとめてみました。

幼児教育の必要性について

幼児教育にはメリット・デメリットがありますが、実際に必要なのでしょうか? 教育に熱心な家庭ほど、幼児期の教育にも積極的に関心を示しますが、その際に忘れてはいけないのが、教育とは一個のプログラムで完結しないという原則です。 幼児教育を考えるうえで覚えておきたいポイントも押さえておきましょう。

TOP