知っておきたい幼児教育のメリットとデメリット

そもそも幼児教育とは?

幼児教育のメリットとは?

幼児期は人間の発育発達において,その後の人生に大きな影響を与えるという点でとても重要な意義を持ちます。
例えば、身体機能の発育という点で、人間の神経機能は特に幼児期に著しく向上するといわれています。
これはつまり、運動場面を想定したときに、リズムやタイミングに合わせて体を動かしたりするような、自分の思い通りに体の動きをコントロール出来るかどうかということが、幼児期の経験によって影響されるということを意味します。
また、人格形成の点でも、幼児期の教育は重要視されています。
例えば、幼児期に他者とのふれあいを通じて自分の欲求をコントロールするという経験をすることができます。
このような他者とのコミュニケーションは、社会性や道徳性といった社会生活を営む上で不可欠な素養を育むことにもつながります。
こういった意味で、幼児教育には様々な利点があります。

幼稚園だけではカバーできない幼児教育

幼児教育が様々なメリットを持つことから、現在、未就学児の教育の場として、幼稚園が日本各地に設けられています。
確かに、幼児期に集団生活を経験することで、他者とのコミュニケーションが促されるという点では幼稚園で行われる教育活動はとても有意義なものだといえます。
しかし、幼稚園で全ての幼児教育がカバーされているとも言い切れません。
例えば、幼児期には神経機能の発達に最も効果的な期間といえますが、その為に必要な運動プログラムを全ての幼稚園教諭が用意できるとは言い切れません。
もちろん、幼稚園では運動学習の時間自体はありますが、専門的な指導という点では個々の幼稚園教諭の経験や知識に頼らざるを得ないというが現状です。
そのため、自分の子どもにどういった人間になってほしいのか、どういった能力を伸ばしてほしいのかということを見極めて、個別に学べる場を用意するのが、より良い幼児教育には必要となります。


TOP